トレンド芸能ニュース

トレンド芸能ニュースは主に2chのまとめブログです。最新のニュースや面白ろネタ、美容に関してなどのトレンドを紹介してます。
様々なカテゴリがあるのでお気に入りを探してみてください(^^♪

    カテゴリ: ニュース速報


    男が刃物持ち「ぶっ殺してやる!」と叫ぶ 登戸 - 社会 - 日刊スポーツ
    28日午前7時45分ごろ、川崎市多摩区登戸新町の小田急線登戸駅周辺で、人が刺されたと119番があった。事件現場付近に居合わせた川崎市の50代会社員男性によると ...
    (出典:日刊スポーツ)


    遠野 なぎこ(とおの なぎこ、1979年11月22日 - )は、日本の女優。旧芸名は遠野 凪子。 神奈川県川崎市出身、ワイルドビジョン所属。 1991年、テレビ朝日『鳥人戦隊ジェットマン』に本名の「青木秋美」名でゲスト出演し、デビュー。 1994年、テレビ朝日『嫁の出る幕』にレギュラー出演。この作品より「遠野凪子」を名乗る。
    23キロバイト (3,098 語) - 2019年3月2日 (土) 05:47



    (出典 biz-journal.jp)


    これは怖いですよね

    1 muffin ★ :2019/05/28(火) 11:28:34.28 ID:bu1PjRN39.net

    https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201905280000211.html
    2019年5月28日10時40分

    女優の遠野なぎこ(39)が、川崎市多摩区登戸新町の小田急線登戸駅周辺で登校中の小学生を含む複数の人が刺された事件に「世の中で、一番残酷な罪を受けやがれ」と怒りをあらわにした。

    同市出身の遠野は「登戸小学校」に通っていたという。28日更新のブログで事件に言及し、「何故、痛みの対象を“他人”に向けるんだ。せめて、自分に向けろよ」と憤った。

    続けて「人の“いのち”。恐怖と不安と…とてつもなく、残酷な…これ以上無い位の衝撃を受ける“家族の思い”。救われないんだよ…。被害者も家族の心も、もう二度と絶対に救われないんだよ…。全てが、壊れるんだよ。全てが、一瞬で奪われるんだよ。何もかもが、一瞬で無くなるんだ。被害に遭った側は、生きていく意味なんて何も分からなくなってしまうんだよ。想像を絶する、恐ろしさなんだよ」と被害者をおもんばかり、「怒りも、悩みも、不安も、全て自分に向けろよ。他者に弱者に刃を向けるなんて、冗談じゃない。冗談じゃない。冗談じゃない。冗談じゃない。本当に…ふざけるな。世の中で、一番残酷な罪を受けやがれ」とつづった。

    元ニュース
    「ぶっ殺してやる」と叫びスクールバスの小学生を狙う 逮捕された男は自ら首を刺し意識不明
    https://abematimes.com/posts/7005034

    児童など16人刺される 身柄確保の男死亡 川崎
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190528/k10011932081000.html


    【【事件】“小田急登戸での無差別刺傷事件”地元出身の遠野なぎこが激怒!】の続きを読む


    田口淳之介 逮捕でみえたKAT-TUN脱退メンバーたちとの明暗 - 女性自身
    【女性自身】KAT-TUNの中丸雄一(35)が5月26日、レギュラーを務める日本テレビの情報番組「シューイチ」に生出演。元メンバーの田口淳之介容疑者(33)が小嶺麗奈容疑 ...
    (出典:女性自身)


    田口 淳之介(たぐち じゅんのすけ、1985年11月29日 - )は、日本の歌手、タレント、俳優であり、男性アイドルグループ・KAT-TUNの元メンバー。愛知県名古屋市生まれ、神奈川県相模原市育ち。所属事務所は株式会社Immortal。 1999年にジャニーズ事務所に入所。
    14キロバイト (1,295 語) - 2019年5月23日 (木) 03:09



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    引退すると大変なんですね、、

    1 砂漠のマスカレード ★ :2019/05/27(月) 06:56:40.51 ID:QZTQvO4+9.net

    【田口淳之介&小嶺麗奈 愛の逃避行 転落の人生<4>】

    大麻取締法違反(所持)容疑で22日に逮捕された元KAT―TUNの田口淳之介容疑者(33)と小嶺麗奈容疑者(38)。現場となった都内の小さなマンションは自宅兼個人事務所だった。最近はビジネスが先細りし、活動が立ち行かない状況になっていた。

    2016年3月にジャニーズ事務所を退社し、その3カ月後に設立した個人事務所。資本金は300万円で、田口容疑者が代表を兼ねた。翌年1月には、内縁関係だった小嶺容疑者が取締役に就任。関係者によると「2人とも積極的にあいさつ回りをして、歌手活動以外の展望を語ったり燃えていた」という。

    レコード会社「ユニバーサルミュージック」の敏腕女性スタッフとの結びつきを生かし、17年2月に契約をしたが、売り上げが約4000枚と伸び悩み、女性スタッフの奮闘も及ばず18年11月に契約解除となった。「マネジャー役でもある小嶺容疑者の“押しの強さ”が空回りした部分もある」と関係者は話す。田口容疑者を思うあまり、過剰な介入を見せることもあった。人柄の評判は決して悪くはないが、夜遊びが激しいことも災いし「距離を置く人が増えていった」(同関係者)という。

    ここ2年ほどは、当座の資金を稼ぐため2人でパチンコ店通い。負けが込み、店外で激しく口論をする姿も目撃されていた。

    関係者は「本業が低迷し、ほかのことにも手を広げた。駐車場ビジネスにも手を出していると聞いた。それもうまくいっていたかどうか。芸能人として生活できるレベルではなかった」という。

    KAT―TUNは田口容疑者を含め3人が脱退しているが、収益面では赤西仁(34)が成功。音楽関係者は「ファンクラブも含め、年間数億円は稼いでいるはず」と話す。

    赤西は黒木メイサ(30)と交際発覚からわずか2週間で結婚しファン離れが進まなかったが、田口容疑者は07年に小嶺容疑者との交際が発覚してから独立まで9年かかっており、別の芸能関係者は「その間に多くのファンが離れたのでは」と推測する。

    田口容疑者にとって現在最も収益が見込めるのは、ファンがじかにチケットやグッズを購入する生イベント。7月からは全国ツアーも予定していた。仕事の行き詰まりから大麻に溺れ、その金脈を自らつぶしたとすれば、あまりに皮肉な結果といえる。

    http://news.livedoor.com/article/detail/16522074/
    2019年5月27日 6時31分 スポニチアネックス


    【【芸能】田口淳之介&小嶺麗奈の転落人生「ビジネスも上手くいかずパチンコ通い」】の続きを読む


    元KARAのク・ハラが意識不明|ニフティニュース - ニフティニュース
    KARAの元メンバーのク・ハラが26日未明、自殺未遂を図ったと韓国メディアが報じた ハラは自宅で意識を失っているのをマネジャーに発見され搬送、呼吸や脈拍は正常 ...
    (出典:ニフティニュース)


    ハラ(구하라/Koo HaRa、1991年1月13日 - )は大韓民国の歌手、女優。KARAの元メンバー。 2008年、KARAのメンバーであったソンヒが脱退したことを受け、ケーブルチャンネルのMnetと連動して実施された公開オーディションに合格する。同年発表曲の「Rock
    12キロバイト (1,309 語) - 2019年5月26日 (日) 09:51



    (出典 wadai-log.com)


    衝撃ですね

    1 ニライカナイφ ★ :2019/05/26(日) 18:47:46.88 ID:7WrvUi+K9.net

    ◆ 元KARAのク・ハラさんが自殺未遂で意識不明 前日のSNSで「さようなら、綺麗に包んでもゴミはゴミだ」と自殺をほのめかす

    複数の韓国メディアによると、ク・ハラさんは今日未明、ソウル市内の自宅で倒れているのをマネージャーに発見され病院に搬送された。現在も意識不明の状態が続いているが、呼吸や脈拍に異常はないという。一部メディアによると、自宅の中には煙を吸ったような形跡があり、ク・ハラさんが自殺を図った可能性が高いとみられている。

    ク・ハラさんは去年、元交際相手の男と別れ話からトラブルになり、暴行やリベンジポルノの被害を訴えるなどしていた。ク・ハラさんは昨日、自身のSNSに「さようなら、綺麗に包んでもゴミはゴミだ」と自殺をほのめかすような内容を投稿をしており、ファンから心配の声が寄せられていた。

    2019/5/26(日) 14:18 AbemaTIMES
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190526-00010008-abema-ent


    【【衝撃】“元KARA”ク・ハラが自殺未遂で意識不明に!元交際相手とのトラブルか⁈】の続きを読む


    元KAT-TUN田口淳之介容疑者の変化 小嶺麗奈容疑者の影響か - livedoor
    ファンが語る元KAT‐TUN・田口淳之介容疑者の変化を、ゲンダイが伝えた。小嶺麗奈容疑者と交際するようになってから、態度が変わったと30代女性。かつてはファンを大切 ...
    (出典:livedoor)


    小嶺 麗奈(こみね れな、1980年7月19日 - )は、日本の元女優。 熊本県熊本市出身[要出典]。元ディスカバリー・エンタテインメント所属。 九州学院中学校→東京都立代々木高等学校中退[要出典]。 1995年上京。芸能事務所スペースクラフトに所属し、映画『水の中の八月』でデビュー。同年に出演し
    11キロバイト (1,240 語) - 2019年5月23日 (木) 02:11



    (出典 d3sb4p2b6628ak.cloudfront.net)


    もったいない

    1 アルテミス@ ★ :2019/05/23(木) 07:28:18.79 ID:etTtkdRf9.net

    アイドルユニット「KAT―TUN」の元メンバーで歌手の田口淳之介容疑者(33)が22日、大麻取締法違反(所持)容疑で、交際中の女優小嶺麗奈容疑者(38)とともに関東信越厚生局麻薬取締部に現行犯逮捕された。

     小嶺容疑者は中学1年時、篠山紀信氏が撮影した写真集「少女革命」のモデルに選ばれてデビューした。中学卒業後の95年、熊本から上京。同年のTBS「3年B組金八先生」の第4シリーズで早くも存在感を示した。

     いじめっ子の優等生を好演し、女優として将来を嘱望された。18歳の頃には覚醒剤撲滅を訴える公共CMに起用されたこともあった。

     当時を知るドラマ関係者は「仕事はしっかりやる一方で、夜遊びが激しくて手が付けられなかった。1人で上京して寂しかったのかもしれないが、所属事務所は手を焼いていた」と明かした。

     結局、金八先生出演から数年後には「モデルになる」と言って事務所を退社。同関係者は「“才能があるのにもったいない”と言われていた」と振り返った。その後も女優としてドラマや映画に出演していたが、近年は目立った活動はなかった。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000109-spnannex-ent


    【【女優】 “金八先生”でブレイクした小嶺麗奈容疑者「18歳で覚醒剤撲滅を訴えるCMに起用」】の続きを読む


    田口淳之介「大麻逮捕」の衝撃。恋人小嶺麗奈の「危険なウワサ」は以前から...... | GJ - Business Journal
    元KAT-TUNの田口淳之介容疑者が、大麻所持で恋人小嶺麗奈容疑者とともに逮捕された、と一部で報じられた。 田口はKAT-TUNのメンバーとして2006年にC…(1/2)
    (出典:Business Journal)


    田口 淳之介(たぐち じゅんのすけ、1985年11月29日 - )は、日本の歌手、タレント、俳優であり、男性アイドルグループ・KAT-TUNの元メンバー。愛知県名古屋市生まれ、神奈川県相模原市育ち。所属事務所は株式会社Immortal。 1999年にジャニーズ事務所に入所。
    14キロバイト (1,339 語) - 2019年5月22日 (水) 08:44



    (出典 www.sankei.com)


    芸能人ほんと多いですね!

    1 Egg ★ :2019/05/22(水) 17:30:03.95 ID:A24dZ6OE9.net

    歌手の田口淳之介容疑者(33)と女優の小嶺麗奈容疑者(38)が22日、厚労省麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されていたことがわかった。

     田口容疑者は1999年にジャニーズ事務所に入所。2006年に「KAT-TUN」のメンバーとしてシングル「Real Face」でCDデビューした。16年春にグループを脱退、事務所を退所。脱退後は個人事務所で芸能活動を続けていた。小嶺容疑者は10代の頃から女優として活躍。ドラマシリーズ「3年B組金八先生」やドラマ「イグアナの娘」など人気作にも出演していた。

     田口容疑者は昨年4月に出演したバラエティー番組で、10年以上交際しているとされる小嶺との交際について触れ「隠すことではないので、僕自身はいまだに」と交際を認めていた。交際が発覚した時には「本当にいろんなところに迷惑をかけた」としつつも「僕自身も30(歳)を超えた一人の男としての生き方もありますし」と語っていた。

    5/22(水) 17:10配信 スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190522-00000167-spnannex-ent

    写真

    (出典 amd.c.yimg.jp)


    【【芸能】“元KAT-TUN”田口淳之介逮捕!小嶺麗奈容疑者との交際認める】の続きを読む

    このページのトップヘ